光りが多く入る快適空間により多彩な配置が可能
「サタカ システム」スキップタイプは南面のバルコニー側に2部屋取ることが可能になります。南北に配置してもLDKの天井高がひじょうに高く取れるので光が多く入る快適な居間を確保することができます。

プライバシーの確保と収納スペース
北面の部屋は天井高を利用し床を少し上げる事での共用廊下と視線が合わなくなり、その部屋の下に床下収納を取る事が可能です。

個々のニーズに合わせた空間設計

個々のニーズに合わせ、天井高をそれ程必要としない場合は、天井高を3.15mとし床下収納の設置が可能です。従来タイプの約5倍の収納スペースが確保できます。

コンパクトで無駄の無い配置構造

LDKを南北に配置することで中廊下の玄関からリビングに入る廊下が短くなり無駄な空間がない快適な室内空間です。

 
 

■面積比較
  従来型 Triple S TripleS/従来
専有面積 90.00 91.47 100.00%
LDK面積 34.65
17.12畳
34.46
17.38畳
99.45%
居室面積 30.20
18.64畳
30.76
18.98畳
101.85%
収納面積 7.51
8.34%
8.30
9.22%
110.51%
床下面積 0
0%
12.97
14 .41%
-%
収納合計 7.51
8.34%
21.27
23.63%
283.22%
■容積比較
  従来型 Triple S TripleS/従来
専有面積 270.00m³ 324.00m³ 120.00%
LDK面積 83.94m³ 138.94m³ 165.52%
洋室1容積 33.29m³ 29.40m³ 88.31%
洋室2容積 30.61m³ 40.27m³ ※ 131.55%
洋室3容積 30.68m³ 34.11m³ 111.17%
収納容積 17.58m³ 35.82m³ 203.75%

※床下収納含む

■従来型
住戸数 25戸
専有面積 1,875.0
建物高さ 21.2m
建築面積 465.2
施工面積 3,172.0
■容積比較
住戸数 25戸 (同じ)
専有面積 1,875.0 (同じ)
建物高さ 22.7m (1.5m増加)
建築面積 465.2 (同じ)
施工面積 3,172.0 (床下収納分増加) 

サタカシステムは様々なタイプをニーズに応じて自由に組み合わせる事が可能になります。